耳栓比較

NRRとはNoise Reduction Rating (ノイズ減少率)の略で、防音性能をわかりやすくするためEPA(米国環境保護局)が査定したものです。 NRRの数値の単位はdBで表示されます。 例えば、騒々しい事務所内(70db)でNRR30の防音性能を持つ耳栓を装着した場合、 70-30=40db となり、 図書館並みの静かさとなることが予想されます。

快適性: 5=快適 ~ 1=痛い

メーカー 製品名 外観 NRR 特徴
Howard
Leight
Max Max 33 防音性能は定評だが、サイズが大きく圧迫感がある。表面のツルツル感が、耳の穴にピタッとフィットする感触がある。
Max Lite
Max Lite 30 小型で柔らかい耳栓。耳の穴が小さい人に人気がある。以前ダイソーで販売されていた。
Laser Lite Laser Lite 32 中音域での防音性能に最も優れる耳栓。Maxでは痛いが、Max Liteでは物足りないという人におすすめ。
Moldex Camo Camo 33 戦場でも使えそうな迷彩柄の耳栓。低音域と高音域での防音性能に優れる。Maxと異なり表面はさらっとした感じ。
Spark Spark 33 防音性能はCamoと同じだが、非常に柔らかく、表面もすべすべした上質な感じ。NASCARレーシングの公式耳栓。
Goin' Green Goin' Green 33 防音性能はCamoと同じだが、少し大きくて柔らかい。NASCARレーシングの公式耳栓。
Pura Fit Pura Fit 33 全体的な防音性能は他のMoldexより劣るが、SparkやGoin' Greenより人気がある。Camoより柔らかく、Sparkより固い。
Aearo E-A-R Classic
E-A-R Classic 29 世界で最初のフォームタイプの耳栓で、洗浄が可能。日本でイアーウイスパー、イアーフィットS1として販売されている。
E-A-R Soft Blasts
Yellow Neon
E-A-R Soft Blasts Yellow Neon 33 優れた防音性能とソフトさを併せ持つ耳栓。日本でNoiseSoft、イアーソフトN1として販売されている。
E-A-R Soft FX E-A-R Soft FX 33 形と大きさはMaxにそっくりだが、柔らかく、裾の部分がちぎれやすい。Laser Liteに次いで中音域での防音性能に優れる。
E-A-R Taper Fit2
E-A-R Taper Fit2 32 Yellow Neonにそっくりの形と大きさ。日本で販売されているサイレンシア、ミスサイレンシアのオリジナルモデル。
3M 1100 1100 29 少し固めで、表面にべたつき感がある。温度によって、固さが変化しやすい。以前ダイソーでも販売されていた。
1120 1120 28 独特の節型形状で、快適性をより追求した耳栓。耳の穴が小さい人でも痛くなりにくい。
ピップ イヤーホリデイ イヤーホリデイ - Maxを二まわりほど小さくしたような耳栓。NRRは非公開だが、そこそこ防音してくれる。付け心地もかなりいい。

このページの先頭へ