騒音レベル

騒音とは、わたしたちが生活する上で好ましくない音をいい、騒音レベルはdB(デシベル)で表される。 環境で発生している騒音レベルを調べ、どのくらいの防音性能が必要かを確認しよう。

耳栓は正しく使用すれば十分な防音効果を発揮するが、フィットが不完全だと著しく性能が低下する。 耳栓だけでは防音性能が不十分な場合、イヤーマフと併用することで防音効果が上がる。身近な騒音レベルは以下のようになる。

レベル身近な例感じ方
120db飛行機のエンジン近く聴覚の限界
110db自動車のクラクション(前方2m)、リベット打ち極めてうるさい
100db電車の通るときのガード下
90db犬の鳴き声(正面5m)、騒々しい工場内、カラオケ店内うるさい
80db地下鉄の車内、ピアノ(正面1m)、赤ん坊の泣き声、TV大音量
70db電話のベル、掃除機、騒々しい事務所
60db普通の会話、チャイム、静かな乗用車内普通(日常生活)
50db一般の住宅地、静かな事務所、クーラー(屋外機の始動時)
40db図書館、深夜の市内、静かな昼の住宅地
30dbささやき声、深夜の郊外静か
20db木の葉のふれあう音、置時計の秒針の音(前方1m)
10db呼吸音極めて静か

このページの先頭へ